MENU
  • HOME
  • 拠点一覧および取り組み概要

多様な新ニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』養成プラン選定大学の取組概要

文部科学省では複数の大学がそれぞれの、個性や特色・得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための教育拠点を構築することを目的として、「がんプロフェッショナル養成プラン」を平成19年度から実施しており、今年度からは、全国で以下の11拠点が選定されています。
プログラム名 人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン
申請大学(連携大学) 札幌医科大学(計4大学)
北海道大学旭川医科大学北海道医療大学
事業推進責任者 堀尾 嘉幸(札幌医科大学医学部長・医学研究科長)
取組の概要 ▼
取組の概要
近年のがん診療ではゲノム情報の重要性が高まり、これまで十分ではなかった希少がんや小児・AYA世代のがんに対する対応が求められるなど、新時代の医療、患者の視点に立った多様なニーズに応える医療の必要性が高まり、こうしたがん医療を担う人材の養成が急務である。
また、広大な北海道においては、患者がそれぞれの地域での生活を営みつつ質の高いがん医療を受けることを可能にするため、医療の機能集約と均てん化の両立が求められる。
「人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン」では、北海道内の医療系大学が先進的に進めている遺伝医療、がんゲノム医療、遠隔医療、多職種連携診療の英知を結集し、道内の中核医療機関とも連携して、大学院生はもとより地域の医療機関で研修する医師やがん診療に関わる医療従事者に高度な専門教育を提供し、地域横断的、専門職横断的、臓器(がん種)横断的な包括的がん医療を担う人材及び次世代のがんゲノム医療を担う研究者を養成する。
プログラム名 東北次世代がんプロ養成プラン
申請大学(連携大学) 東北大学(計4大学)
山形大学福島県立医科大学新潟大学
事業推進責任者 石岡 千加史(東北大学加齢医学研究所教授)
取組の概要 ▼
取組の概要
本プランの目的は、わが国のがん医療の課題解決のため、最新のがん医療に必要な学識・技能や国際レベルの臨床研究を推進する能力を育み、大学、行政、職能団体、がん拠点病院や診療所、患者会や学会が連携しがんゲノム医療・個別化医療、希少がん・難治がん、小児から高齢者のライフステージ毎の多様ながんの医療ニーズに応えるがん専門医療人を養成することである。その実現のため、連携4大学が大学院に新たに55教育コースを設置し、東北メディカルメガバンク、小児がん拠点病院、個別化医療センター、重粒子線がん治療センター、医療・産業TRセンター、臨床研究推進センター、東北家族性腫瘍研究会など、ゲノム医療、希少がんや小児がん対策に重要かつこの地域がもつ国内外で有数の医療・医学インフラを活用した広域かつ高度先進的教育プログラムにより、先進的がん専門医療人を養成して我が国のがん対策の目標達成や医療イノベーションに寄与する。
プログラム名 関東がん専門医療人養成拠点
申請大学(連携大学) 筑波大学(計13大学)
千葉大学群馬大学日本医科大学獨協医科大学埼玉医科大学茨城県立医療大学群馬県立県民健康科学大学東京慈恵会医科大学上智大学星薬科大学昭和大学お茶の水女子大学
事業推進責任者 小田 竜也(筑波大学消化器外科教授)
取組の概要 ▼
取組の概要
A) 連携8大学による“関東AYA希少がんセンターネットワーク”を教育拠点として整備し、がんゲノム医療、がんライフ・QOL医療の教育実践の場とする。B) 連携大学内にあるゲノム、オミックス研究施設と連携し、深い学際的教養と幅広い研究的視野を持って、新たな医療価値を創造するがん専門医療人を養成する。A、B) 教育リソースが少ないこれらの課題分野に対して、全国がんプロ8拠点と連携したEクラウド教育体制を新たに構築し、大学院生教育を行う。大学や地域の医療職へのFD、市民教育にもこの先進的なIT環境を積極的に活用する。C) 諸外国の方が進んでいる制度や活動(AYAがんセンター、Team Oncology等)については、多職種、多大学から成るチームで現地視察を行い、その長所・短所を拠点内の活動に反映させる。他方、東アジア、中東などでは現地での需要を掘り起こし、日本のがん医療のグローバル展開の礎とする。
プログラム名 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン
申請大学(連携大学) 東京大学(計6大学)
横浜市立大学東邦大学自治医科大学北里大学首都大学東京)
事業推進責任者 宮園 浩平(東京大学大学院医学系研究科長)
取組の概要 ▼
取組の概要
近年のめざましい医学の進歩は、がん医療に新たな技術革新をもたらしているが、その一方で、それらが医療現場で個々の多様な状況に応じて適切に実践されているとは言い難く、それに対する社会からの改善要望も増大している。本事業では、このようながん医療の課題を解決するために、人材不足が顕在化しつつあるゲノム医療、希少がんおよび小児がん医療、ライフステージ対応がん対策について、これらの各領域で既に先駆的な取組を行っている6大学が、その基盤を活用して、全国のモデルを形成すべく、大学連携教育を発展させる。それとともに、これら以外の新たなアンメットニーズに対応できる能力を有する人材も育成していく。これらの取組においては、多職種連携によるチーム医療を基本とするとともに、医療全体を俯瞰できる能力の涵養も重視し、多様かつ複雑ながん専門診療が一人一人の個々の状況に応じて最適化される、全人的医療の実現を目指していく。
プログラム名 未来がん医療プロフェッショナル養成プラン
申請大学(連携大学) 東京医科歯科大学(計8大学)
秋田大学慶應義塾大学国際医療福祉大学聖マリアンナ医科大東京医科大学東京薬科大学弘前大学)
事業推進責任者 北川 昌伸(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科副研究科長)
取組の概要 ▼
取組の概要
これまでに、2期にわたるがん対策推進基本計画と併走する形で、がんプロフェッショナル養成プラン、がんプロフェッショナル養成基盤推進プランが実施された。特に後者によって多くの医学部に化学療法、緩和ケア、地域医療などの講座が新設され、従来の診療科を横断する人材養成体制の構築と全国的ながん教育の均霑化が整備されてきた。本プランは、これまでに養成した人材およびシステムを最大限に活用し、さらに新たな枠組みによって未来志向のがん医療者を養成することを目的に計画したものである。本プランの特徴は、「連携」と「実践」である。すなわち、各々の大学が各自のネットワークを利用し、さらに構成8大学間での密な連携を構築することによって、がんゲノム、小児がん、希少がん、多様なライフステージへの対応などについてのコースワークに加えて、実践の場所を大学間で補完し実効性を伴う人材育成が可能となるように設計している。
プログラム名 北信がんプロ―超少子高齢化地域での先進的がん医療人養成-
申請大学(連携大学) 金沢大学(計6大学)
富山大学福井大学信州大学金沢医科大学石川県立看護大学
事業推進責任者 矢野 聖二(金沢大学がん進展制御研究所 腫瘍内科学教授、金沢大学附属病院がんセンター長)
取組の概要 ▼
取組の概要
本事業では、2期の北陸がんプロ(金沢大、富山大、福井大、金沢医大、石川看護大)の 実績を踏まえ、先駆的ゲノム医療を実施し、平成7年に全国初の遺伝子診療部を設立した信州大を加えた国公私立の6大学(北信がんプロ)で、県の枠を超えた北信地域での戦略的がん医療人育成システム構築を目指します。 ①6大学の強みを生かした最先端がんゲノム医療、小児・AYA世代・希少がんの集学的治療、ライフステージに応じたケアを大学の枠を超えて学習できる、共通科目や単位互換を導入した相互補完的教育コース(本科10、インテンシブ9)を新設します。 ②2期がんプロで構築したTV会議システムを発展させた北信オンコロジーセミナー等を定期開催し、遠隔教育により、多施設・多職種連携を推進します。 ③免疫チェックポイント阻害薬使用例など特色ある症例の北信地域がんデータベースを構築し、学会・論文発表に使用して専攻生や教員の意欲を高めると共に、地域がん対策に活用し成果を社会に還元します。これらの活動により、患者中心のチーム医療を行う超少子高齢化地域で活躍できる先進的がん医療人を輩出し、将来の日本の超少子高齢化社会におけるがん医療人育成モデルを確立します。
プログラム名 高度がん医療を先導するがん医療人養成
申請大学(連携大学) 京都大学(計5大学)
三重大学滋賀医科大学大阪医科大学京都薬科大学
事業推進責任者 武藤 学(京都大学大学院医学研究科教授)
取組の概要 ▼
取組の概要
本事業では、京都大学、三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、京都薬科大学において、プレシジョンメディシンを実現する「ゲノム医療」、これまで対策が不十分であった「希少がんや小児がん」、そして「様々なライフステージとニーズに合わせたがん医療」に対応できる医療人の育成を目指す。ゲノム医療では、ゲノム情報を理解し治療に結びつける医療人の育成に加え、家族性腫瘍などに対応できる臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーの育成を行う。希少がん、小児がんにおいては、病態解明および新規医療開発を荷う医療人を育成する。現在のがん医療は、社会構造の変化にも大きく影響されており、様々なライフステージとニーズに合わせたがん医療の提供が必要になってきた。特に、ロボット手術や高精度放射線治療など最先端の治療を担う人材に加え、がんの診断時から緩和医療を担える人材を育成し、幅広い領域の医療人育成とがん医療の発展に貢献する。
プログラム名 ゲノム世代高度がん専門医療人の養成
申請大学(連携大学) 大阪大学(計7大学)
京都府立医科大学奈良県立医科大学兵庫県立大学和歌山県立医科大学大阪薬科大学神戸薬科大学
事業推進責任者 小泉 雅彦(大阪大学大学病院医学系研究科保健学専攻医用物理工学講座教授)
取組の概要 ▼
取組の概要
本事業は関西7大学の連携により、がん医療に必要な人材養成を行うものである。過去10年間に、がん医療現場で不足している人材を育成してきたが、その教育体制にのっとり、今後のがん医療に必要な人材を養成して行く。すなわち、ゲノム医療に基づくがんの診断・治療および緩和ケア・日常生活ケアに関わる人材、小児がん・希少がんの専門医療人を教育するとともに、AYA(adlescent and young adult)世代~壮年~高齢者に至る各ライフステージのそれぞれの患者ニーズを理解し、患者の視点に立脚して、がん医療の各局面に必要な人材養成を行う。これらの人材養成の結果、これからの「ゲノム世代がん医療」を担い、多職種間の連携で、治療成績の向上と患者QOL(quality of life)の改善を実現することにより、関西地区の高いがん死亡率の現状からの脱却を図るとともに、個々の患者のニーズに応えて、患者満足度を上げる。また、専門家でなくてもゲノム情報を理解し、小児がん・希少がんの知識も保有する医療人の養成、患者のライフステージに応じた生活の悩みをサポートできる人材も育てることにより、がん医療の均てん化を推進する。
プログラム名 7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン
申請大学(連携大学) 近畿大学(計7大学)
大阪市立大学神戸大学関西医科大学兵庫医科大学大阪府立大学神戸市看護大学
事業推進責任者 中川 和彦(近畿大学医学部内科学講座腫瘍内科部門・主任教授)
取組の概要 ▼
取組の概要
本プランは、阪神地区の国公私立7大学9学部の医学、看護学、薬学、理工学系大学院研究科が相互連携し、多様化する新ニーズに対応した個別化医療を実践できるがん専門医療人を養成するため、3つのタスクフォース(TF)を立ち上げ、ゲノム医療、希少がん及び小児がん、ライフステージに応じて生じる様々な課題等に対して取り組む。「TF1 ゲノム・サイエンス」では、ゲノム医療を構築し連携大学間及び産学官共同研究を推進する。「TF2 教育イノベーション」では、個別化医療を実現するための革新的な教育プログラムの開発を促進する。「TF3 マルチパートナーシップ・アライアンス」では、地域医療機関、自治体・公的機関、各種職能団体、がんサバイバーを含む患者会、NPO法人等との連携・支援体制を強化する。各タスクフォースが有機的に連携することによって、患者中心の個別化医療を実践できるがん専門医療人を養成する。
プログラム名 全人的医療を行う高度がん専門医療人養成
申請大学(連携大学) 岡山大学(計11大学)
愛媛大学岡山大学香川大学川崎医科大学高知大学高知県立大学徳島大学徳島文理大学広島大学松山大学山口大学
事業推進責任者 藤原 俊義(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授)
取組の概要 ▼
取組の概要
本事業は、高度ながん治療の専門性を有すると同時に全人的医療を高度なレベルで実践できる人材を育成する中国・四国地方全域の大学院・がん診療拠点病院が連携した教育プログラムである。各施設の特色と患者会との連携を生かしゲノム医療・高齢者・小児・希少がん・全人的医療の領域において高度なレベルで標準化された共通コアおよびeラーニングによる域内統一カリキュラムを設計し、評価修正を行い、大学間連携と拠点間連携による大学、分野、職種を越えた専門職教育を行う。英語教育と海外先進施設との連携により国際的に活躍する人材の養成とFD研修、地域医療機関との連携により在宅・緩和・高齢者がん医療に貢献する専門医療人の養成を行い、CNSの高齢者・在宅医療リカレント教育と在宅看護・口腔ケア・栄養専門職の人材育成を行う。地域のがん啓発、教育を行ないソーシャルキャピタルを形成するとともにミャンマー、台湾での人材育成にも貢献する。
プログラム名 新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
申請大学(連携大学) 九州大学(計10大学) (福岡大学久留米大学佐賀大学長崎大学熊本大学大分大学宮崎大学鹿児島大学琉球大学
事業推進責任者 北園 孝成(九州大学大学院医学研究院長)
取組の概要 ▼
取組の概要
本プランはこれまでの10年に及ぶ九州内の医療系大学との継続的ながん教育連携を基盤とし、九州大学の九州連携臨床腫瘍学講座が10の大学院・関連医療機関等と密接に連携し九州内の多様な新ニーズに対応するがん専門医療人を養成する。また長崎大学の臨床腫瘍学分野、鹿児島大学の臨床腫瘍学講座が九州内連携の要となり、特にライフステージに応じたがん対策を推進する多職種人材養成を行う。当該講座には専門の教員を配置し、各大学病院内の小児がん医療部門、希少がん部門、ゲノム医療関連部門等との強力な連携に基づく実地教育を行う。対面講義・研修等に加え遠隔通信等も利用し広域にわたる大学連携を機能的に実現させ、新ニーズに対応した多職種連携教育の構築・情報発信を行う。またゲノム医療や小児・希少がんに対する海外の先進事例を積極的に収集し発信することで本プランのみならず我が国におけるがん専門医療人の養成に寄与する。